まちに灯火(ともしび) 12/1点灯!


2011年より始まりました「まちに灯火(ともしび)」事業は、3商店街の有志の思い付きが発端でした。
冬は何とも寂しい街角にイルミネーションを飾り、少しでも活気づけようと言う熱い思いでした。
翌年3月、大震災があり停電・省電等あり自粛のムードが強まりましたが、このネーミングが、復興への思いにも通じるとの想いで敢行した経緯があります。

点灯に際してのカウントダウンをしたり、バレンタインデーには駅前公園にお菓子の家を作って思い込めたプレートを下げるイベントをしたりして要約、認知されてきました。

街なかに灯すイルミネーションが商店街の冬の憩いの場、冬の風物詩・ランドマートとして続けて参りたいと存じます。
今年もイルミネーション事業と2月下旬の点灯ラストネイト当たりに遊歩道も使った「スープバー&ライブ」も企画中です。

主 催 大町駅前土手町商店街魅力アップ実行委員会
構成員 大町商店街振興組合・駅前商店街振興組合・上土手町商店街振興組合
協 力 弘前市中心市街地活性化協議会
内 容 どってん広場・駅前公園の植樹にイルミネーション設置
点灯期間 2017年12月1日~2018年2月28日 (※点灯式は行いません) (日没~0時)
どってん広場 種類 ヒマラヤシ―ダー 高さ 約14m LED 点灯個数 約10,000個
駅前公園 種類 カナダギンカエデ 高さ 約7m LED 約10,000個
賑わい事業 2017年2月 ブロッサムホテル及び遊歩道にてスープバー&ライブ

11月 28, 2017